気になる(?)記事
ひとつ取り戻す。
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観た。
再びデスクトップを購入す。
「DELL LATITUDE X300」の音が出ない。
広島へドライブ。−エピソード2− その1 映画「男たちの大和」ロケセット見学
広島へドライブ。−エピソード2− その2 広島・尾道散策
広島へドライブ。
富士山までドライブ。 〜陸上自衛隊 富士総合火力演習を観る〜
お気に入りリンク
コンビニ店員はアパートオーナーの夢をみるか?
nononono@blog
ヘア*ロス=女性の薄毛BLOG
ミントの日々♪♪♪
ピコピコの通販生活
食わネバーランド
どこにいても、「琉9人≒沖縄人」
かりゆしウェア COOL BIZ クールビズ
飛語宇理日記
ランニング練習日誌
Sports Center


2005年03月31日

メディアな拾稔堂 ― 邦画編 ―

「メディアな拾稔堂」で取り扱っている商品の一部をご紹介します。

スイングガールズ

 2004年の邦画の話題作。片田舎の女子高校生たちが、あるキッカケで「ジャズ」を演奏することになりました。しかし、メンバーはほとんど楽器もさわったことがない。はたして、コンクールに間に合うのか?
 2004年暮れ、映画でジャズを演奏したメンバーが一夜限りのコンサートを開催しました。その模様はCDとして発売され、コンサート当日の盛況ぶりを伝えてくれます。

蒲田行進曲

 万年部屋住みで端役にもめったにありつけない売れない役者と、その役者があこがれる銀幕のスター「銀ちゃん」が織り成す映画界の舞台裏。役者の悲哀を生き生きと表現しています。
最近、缶コーヒーのCMで「階段落ち」のシーンが使われていますね。

太陽を盗んだ男

 ごく普通の中学教師が、プルトニュームを手に入れて原爆を作ってしまうという、当時としては荒唐無稽な映画。最近のハリウッド映画では定番になった、テロリストが悪役な映画を先取りした内容と、全盛期の沢田研二が「悪役」に挑んだ意欲作です。

独立プロ名画特選

 先日のNHKの人気番組「その時、歴史が動いた」で「樋口一葉」を特集していたのですが、番組中に取り上げられた「にごりえ」の映像はこのDVDから採用されているようです。
白黒の画像ですが、艶っぽい淡島千景の演技は、いま観ても新鮮で、アップを多用したカメラワークは監督の作品に対する意欲を感じます。

日本誕生

 「国産みの物語」から「スサノオノミコトの大蛇退治」など、日本の神話を題材にした映画で、主役の三船敏郎はじめ豪華キャストを揃えた贅沢な作品に仕上がっています。
この作品で日本の神話の概略を掴んで、あらためて「古事記」や「日本書紀」を読み返すと歴史の理解も深まるかもしれません。

人気blogランキングへ一票お願いします。


メディアな拾稔堂に戻る





posted by 拾稔堂店長 at 19:47| Comment(2) | TrackBack(1) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 トラックバック、ありがとうございます。
 「太陽を盗んだ男」、知ってますよ〜
Posted by butuyoku at 2005年04月02日 21:38
butuyokuさん、はじめまして。

全盛期の沢田研二は、いまの歌手で例えるなら誰になるでしょうね?
あれだけのスター性を持った男性歌手は、趣味の多様化とともに現れにくくなってしまいましたね。
Posted by 拾稔堂店長 at 2005年04月02日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

思いきり気障な人生
Excerpt:  「沢田研二」は、保育園の頃の自分のアイドルでした。そんな自分も、もう30歳(笑)アーティスト: 沢田研二タイトル: 思いきり気障な人生
Weblog: 物欲ブログ
Tracked: 2005-04-02 21:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。