気になる(?)記事
ひとつ取り戻す。
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観た。
再びデスクトップを購入す。
「DELL LATITUDE X300」の音が出ない。
広島へドライブ。−エピソード2− その1 映画「男たちの大和」ロケセット見学
広島へドライブ。−エピソード2− その2 広島・尾道散策
広島へドライブ。
富士山までドライブ。 〜陸上自衛隊 富士総合火力演習を観る〜
お気に入りリンク
コンビニ店員はアパートオーナーの夢をみるか?
nononono@blog
ヘア*ロス=女性の薄毛BLOG
ミントの日々♪♪♪
ピコピコの通販生活
食わネバーランド
どこにいても、「琉9人≒沖縄人」
かりゆしウェア COOL BIZ クールビズ
飛語宇理日記
ランニング練習日誌
Sports Center


2005年04月19日

「絵本の面白さ知って」丸の内ブックカフェ開催中

【asahi.com】臨床心理学者で文化庁長官の河合隼雄さんが発案した「丸の内ブックカフェ」(文化庁、大手町・丸の内・有楽町再開発計画推進協議会共催、朝日新聞社協力)が開催中だ。

 23日から始まる子ども読書週間に先立つ行事。東京都心のオフィス街にある22の喫茶店の協力をえて、店内に詩人の谷川俊太郎さん、女優の斉藤由貴さん、エッセイストの阿川佐和子さんらが推薦する絵本12冊を置き、来店者に自由に手にとってもらう。

 ねらいは子どものいるビジネスマンたち。「絵本の面白さを知って、家に帰って読みきかせなどに挑戦してほしい。子育てに絶対プラス」と河合さん。パパ向けの絵本ガイドブックも用意されている。5月1日までで、気に入った本は、近くの丸善、冨山房書店の3店舗ですぐに購入できる。


 こどものための絵本というのが、いままでの発想でしたが、最近は「おとなの読者」が増えているようです。

 こどものころに親に読み聞かせてもらった絵本を書店でみかけて、幼いころ亡くなった母親を思い出したとか、仕事やストレス等に疲れたおとなたちが、「癒(いや)し」を求めて絵本を買うといった話が、テレビなどで話題になっています。

 父親が幼いこどもと接するための「小道具」としてもいいアイテムかもしれません。声の抑揚を変えるなどしてこどもといっしょに楽しむことで、こどもとも「憩いの時間」が生まれるかもしれません。

 特に長年読み継がれた絵本は、あじわい深く、親も知っていてこどもも楽しめるものが多いようです。30年、40年、それ以上息の長い絵本には、いろいろ学ぶことも多く、古くはアンデルセンやイソップなど多くの作品が残されています。

 絵本を選ぶとき、おこさんといっしょに書店等に出かけるのも、いい休日の過ごし方かもしれません。


人気blogランキングへ一票お願いします。




書籍の拾稔堂に戻る





posted by 拾稔堂店長 at 15:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も自分の為に絵本を時々購入してるよ。

子供の時、大切にしていた絵本とかあったんだけど、親が全部人にあげてしまったので、今、思い出した時に探したりする時あるなあ。

不思議なことに、大人になってから絵本の大切さに気づくのよね。
「癒し」にもなるし、大人になっても失いたくない自分の何かを取り戻すきっかけにもなるのよね。
「人魚姫」とか「ぼのぼの」とか「桃太郎」とか、実は比喩的に考えれば、自分の人生に当てはめて考えることができるのよね。
そして、色んなヒントをもらう時あるなあ。。
Posted by ねこ at 2005年04月19日 20:51
ねこさん、こんばんは。

絵本は、こどものころは単純に楽しんでいましたが、大人になって読み返すと、結構、奥が深いものが多いですね。
こどもはある意味、大人より評価が厳しいですから面白くない絵本には見向きもしてくれません。(^^;

最近は、大人のための絵本も多いようです。ストレスに疲れたときの「一服の清涼剤」になるのかもしれません。
Posted by 拾稔堂店長 at 2005年04月19日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3043287

この記事へのトラックバック

ブックカフェ
Excerpt: ひとり時間の王道といえば、やっぱり『読書』。短時間で、気持ちがリフレッシュし、やる気が起こる道具です。自分の世界を広げるミラクルツールなのです。 どんな環境が、一番読書に適していると思いますか。私は、..
Weblog:  るる☆女を語ってみました。
Tracked: 2005-06-13 11:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。