気になる(?)記事
ひとつ取り戻す。
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観た。
再びデスクトップを購入す。
「DELL LATITUDE X300」の音が出ない。
広島へドライブ。−エピソード2− その1 映画「男たちの大和」ロケセット見学
広島へドライブ。−エピソード2− その2 広島・尾道散策
広島へドライブ。
富士山までドライブ。 〜陸上自衛隊 富士総合火力演習を観る〜
お気に入りリンク
コンビニ店員はアパートオーナーの夢をみるか?
nononono@blog
ヘア*ロス=女性の薄毛BLOG
ミントの日々♪♪♪
ピコピコの通販生活
食わネバーランド
どこにいても、「琉9人≒沖縄人」
かりゆしウェア COOL BIZ クールビズ
飛語宇理日記
ランニング練習日誌
Sports Center


2005年08月30日

札幌ラーメン横丁、行列戻るか? 「深夜限定品」も登場

【asahi.com】観光名所としても知られる「札幌ラーメン横丁」。ここ数年、札幌市内に次々登場する人気店に押され、なじみの光景だった行列が途絶えがちだ。にぎわいを取り戻そうと、低価格の新メニューやホームページの開設など、横丁ぐるみの打開策が始まっている。

 ススキノにあるラーメン横丁は、狭い路地に17店が軒を連ねている。今の場所に移ったのは69年。90年代前半までは、路地にずらりと並ぶ客の行列が日常風景だったが、ここ数年はほとんど見られない。

 有名店の一つ、「ひぐま」の経営者藤村嘉一さんは「最盛期は13席の店で1日800杯出る日もあった。いまは半分程度」と話す。

 観光客の減少に加え、ラーメンブームで新規の人気店が増えた。値段に割高感があることや、観光地にありがちな「愛想が悪い」などの風評が絶えないことも、客足が遠のいた原因の一つとみられている。

 市内の男性公務員(45)は「丁寧に作っていないイメージがある。知り合いが札幌に来ても最近は勧めない」と話す。

 横丁会でも事態を重視し、今年に入って本格的な立て直し策を模索。目玉の一つとして、今月から午後11時以降限定で、「お夜食ラーメン」という500円メニューを全店で出すことにした。めんの量を少し減らし、酔客を呼び込む狙いだ。

 横丁のホームページもつくり、歴史や店の案内に力を入れ、若い世代の引き込みを狙う。藤村さんは「接客などの店員教育にも力を入れ、観光客のほか、地元の人にも近づきやすさをアピールしたい」と話している。



 昔、バブルの華やかなりしころは、大阪からラーメンを食べるためだけに北海道へ日帰りで出かけるなんて話もありました。

 いつのころからか、札幌の観光地にあるラーメン屋は「まずい」なんて話が広まって、わざわざ北海道でラーメンを食べようとは思わないなりましたね。。。

 あと、札幌の時計台が意外に小さくて、実際に行くとがっかりするとか。。。

 わたしのこどものころは、「どさんこラーメン」といって、北海道の味噌ラーメンを売りにするラーメン屋が街のあちこちにあったように記憶していますが、10年ほど前からみかけなくなりましたね。(^^;

 「無愛想」だ、「丁寧に作ってない」だでは、地元のひとでも遠方からの友人等に勧めなくなりなりますね。

 いろいろ「てこ入れ」をするようですが、昔の活気を取り戻せたらいいですね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 03:48| Comment(2) | TrackBack(1) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
私も初めて北海道(札幌)に行った時はラーメン横丁の「ひぐま」に行きましたが・・・ここ数年は札幌に行っても行かなくなってしまいましたねぇ(--、)
札幌駅周辺にもラーメン屋さんが増えましたし、ガイドブックなどにもラーメン横丁以外のお店が載っていたりしますからね(^^;)
横丁の方々の努力で活気が取り戻せたら良いですね。
Posted by miyuki at 2005年09月01日 12:05
miyukiさん、はじめまして。

まあ、ラーメン屋も全国的に飽和状態かな?という気もしますね。
(^^;
Posted by 拾稔堂店長 at 2005年09月01日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ラーメン横丁(札幌)
Excerpt: 「ラーメン横丁(札幌)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜ...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/travel
Tracked: 2005-08-31 09:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。