気になる(?)記事
ひとつ取り戻す。
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観た。
再びデスクトップを購入す。
「DELL LATITUDE X300」の音が出ない。
広島へドライブ。−エピソード2− その1 映画「男たちの大和」ロケセット見学
広島へドライブ。−エピソード2− その2 広島・尾道散策
広島へドライブ。
富士山までドライブ。 〜陸上自衛隊 富士総合火力演習を観る〜
お気に入りリンク
コンビニ店員はアパートオーナーの夢をみるか?
nononono@blog
ヘア*ロス=女性の薄毛BLOG
ミントの日々♪♪♪
ピコピコの通販生活
食わネバーランド
どこにいても、「琉9人≒沖縄人」
かりゆしウェア COOL BIZ クールビズ
飛語宇理日記
ランニング練習日誌
Sports Center


2008年11月26日

西宮ガーデンズ散策中。

 本日は、関西(特に阪神間)では話題の「西宮ガーデンズ」グランドオープン初日であります。

 西宮では、大きなショッピングモールが開業するのは、甲子園の「ららぽーと」以来であります。

 残念ながら10:00のオープンには間に合いませんでしたが、小一時間ほど遅れて最寄り駅の「西宮北口」に到着。

 南改札前から込み合う人ごみに突入。。。そのまま空中回廊を通って「西宮ガーデンズ」前へ。

 駅前から「西宮ガーデンズ」まで、直通の空中回廊がつづいていて、途中、2ヶ所に「動く歩道」があります。

 う〜ん。。。これでは、駅周辺にはひとが流れませんね。(^^;

 「西宮ガーデンズ」周辺の店舗は、当てがはずれたかもしれません。

 ここは、その昔、プロ野球の「阪急ブレーブス」(現・オリックスバッファローズ)のフランチャイズ球場があったところです。

 球場跡が、ショッピングモールに変貌するのは、関西では大阪・なんばの「なんばパークス」以来です。

 20年ほど前にも、この地に阪急の百貨店を建てる話があったようですが、バブルの崩壊で一時延期。。。途中、阪神淡路大震災もあって、「西宮ガーデンズ」実現には紆余曲折があったようです。

 わたしとしては、阪急百貨店以上に感慨深いのは、テナントの中に「イズミヤ」があることです。

 震災のとき、国道2号線沿いにあった「イズミヤ」は、ビルの3〜4階が潰れ再建されないまま西宮を撤退。。。しばらく買い物などに不自由していました。

 地震後の復興ということで、西宮の町並みも随分と変貌してしまいました。(^^)

 さて、「西宮ガーデンズ」は、阪急百貨店を中心に映画館、家電量販店などを含め250店舗ほどが軒を並べています。

 西宮に映画館ができたおかげで、東宝作品に関しては、地元で観ることができそうです。

 今日から3日間、入場料も1,000円ですし、観たい映画は、まとめて観ておきましょう。

 今回は、映画館で「GSワンダーランド」という映画を観る予定です。

 上映時間は15:30なので、それまで館内をぶらぶらしています。

 正直、一日では見てまわれないので、数日かけて出かけることになるでしょう。

 飲食店は、どこも満員だったので、1Fのフードコートで軽く食事を済ませ、本屋に立ち寄り専門書を確保。

 書店の品数は、「ららぽーと」より多い程度かな。アクタのジュンク堂とほぼ同規模でしょう。

 家電量販店は「ジョーシン」ですが、思ったほど広くありません。

 球場の跡地だけあって、館内は広い分、移動距離が長いです。。。orz

 「ららぽーと」よりは縦移動にエスカレーターやエレベーターが使えるだけましですが、映画館が駅より離れていたので、遠く感じました。

 いま、エスカレーター横のいすに腰掛けて執筆中であります。(^^)

 このひとの多さは、西宮だけでなく、広く阪神間からの来客でしょう。

 しばらくは、こんな状態がつづくのでしょうね。(つづかないとマズイね)


人気ブログランキ
ングへ
一票お願いします。









posted by 拾稔堂店長 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

今年も行きました♪ インテックス大阪「MONSTER VIVA!!」

▼2007年の「MONSTER VIVA!!」の記事はこちら










 昨年に引き続き、今年のGW(ゴールデンウィーク)も大阪南港のインテックス大阪で「MONSTER VIVA!!」というイベントが開催されています。

 旅行などの見本市や物産展、フリーマーケットがひとつの会場で楽しめる関西でもかなり大規模なイベントです。

 前回同様、JRの大阪環状線「弁天町」駅で地下鉄中央線に乗り換え、「コスモスクエア」駅で更にモノレールに乗り換えます。

 「中ふ頭」駅で降りて、5分も歩かないうちに会場に到着しました。

 これまた昨年同様、会場の入り口前で写真を撮ります。

 空は雲ひとつない快晴♪

 植え込みの木々の緑は、青々としていて清々しいです。

 会場には浜風が吹いて、ちょっと肌寒いかとも思ったのですが、午前中の夏日のような日差しには、ほどよい風です。

 前売り券の持ち合わせがなかったので、会場入り口で入場券を大人1,000円で購入。

 ゲートでチケットを渡して半券をもらい、会場に入りました。

 昨年は、手首にタグをまいて再入場の確認をしていたようですが、今回はそういった手間はないようです。

 ゲートを抜けてしばらく歩くと、ガラス張りのインテックスプラザに出ます。













 目の前に大きなステージがあって、ちょうど「おしりかじり虫」のイベントがはじまったようです。

 ステージ前の観客席は、小さなお子様連れのご家族で埋まっています。

 ステージの上では、「おしりかじり虫」と司会のおねいさんが演技指導中です。

 小さなお子様は、ステージ前に集合し、おしりをフリフリ、ダンスの練習です。(^^;

 そうこうしているうちに、あの「おしりかじり虫」の音楽が流れて、ダンススタート♪

 ステージ前は大盛り上がりで、「おしりかじり虫」もまだまだ人気健在といったところでしょうか。

 ゲートを抜けてすぐのところに、「MONSTER VIVA!!」のパンフレットがありましたので、一冊頂いて会場の確認。

 。。。???

 どうやら今回は、昨年より規模を縮小したようです。(^^:

 昨年は、1号館から6号館まで、すべての建物でイベントを開催していて、一日で観てまわれるか不安に思ったのですが。。。今年は、その半分ほどの規模になったようです。



 【1号館】 「日本全国 美味いもんフェア」&「TOY&HOBBY SHOW」













 昨年は、それぞれ別棟で開催されていたようですが、今回は1号館にまとめられたようです。

 その分、移動する手間が省けるので、見やすくなったかもしれません。(^^;

 「日本全国 美味いもんフェア」は、北海道のラーメン、芦屋のアップルパイ、広島のお好み焼き、福岡の明太子などの特産品が所狭しと並んでいます。

 特にラーメンのお店は、お昼時とも重なって、どこも長蛇の列です。

 美味いもの(ジンギスカン、海鮮弁当など)、B級グルメ(宇都宮のぎょうざ、佐世保バーガーなど)、スイーツ(雪ロール、パイシューなど)、ご当地ラーメン(札幌ラーメン、沖縄そばなど)などテーマごとに全国よりすぐりの商品が楽しめるフェアになっているようです。

 会場の中心部には、テーブルとイスが用意されていますので、ラーメンやスイーツをゆっくり味わうこともできます。













 「TOY&HOBBY SHOW」は、映画の宣伝からカプセルのおもちゃ、ガレージキッドなど大人もこどもも楽しめるアイテムが揃っているようです。














 【2号館】 「快適住宅フェア」&「ツアーエキスポ」など


 「快適住宅フェア」は、「大阪ガス」や「パナホーム」など住宅関係の商品の展示が中心です。

 インテリアやリフォームなど、より住みやすい家をつくるヒントが豊富に揃っていました。

 特に「大阪ガス」のコーナーには、「ぴかちゅー」が応援(?)に来ていて、まずお子様が足を止め、そしてその親が足を止め(笑)、商品の説明がはじまるころには人だかりができていました。(^^;










 「ツアーエキスポ」は、昨年、一番おもしろかったコーナーでした。

 ペルーの観光ブースで生演奏があって、そこにケニアのスタッフが太鼓を持って乱入(笑)。。。ちょっとした、セッションをみることができました。(^^;

 今年は、ペルーは参加していないようですが、ケニアのひとは会場で見かけました。

 また、台湾のコーナーでは、民族衣装を着たおねいさんがいて、熱心に台湾の観光案内をしていました。

 もう少し待てば、今年も台湾の民族舞踊を観ることができそうでしたが、今回は断念しました。

 中国のコーナーでは、北京オリンピックのマスコットがカラダをゆらしてアピールしていました。

 個人的意見ですが、中国人の感じる「かわいい」と、わたしの感じる「かわいい」に温度差があるように思えます。

 。。。きっと、お国柄の違いなのでしょう。(^^;













 アメリカやヨーロッパなどで「アメリカ製のバービー人形」が「かわいい」といわれるのに、日本では、「かわいくない」と日本の女の子やその母親にいわれていることが、ふと頭をよぎりました。

 カナダのブースでは、ちょうど大道芸がはじまったところで、4つ5つのボールをお手玉に片言の日本語で、観客を沸かせていました。

 今年も旅行のコーナーは、イベントがいっぱいです。(^^:














 【3号館】 「フリマ王国」


 ここは、フリーマーケットのコーナーで、「王様ブース」「女王・TOYブース」「国民・職人ブース」の3つに別れていて、「王様ブース」はプロの商品が並び、「女王・TOYブース」には衣類やコレクターアイテムなどがあり、「国民・職人ブース」には手作りの小物などが揃っています。

 こころなしか、昨年より会場に空きがあるようですが、今日は土曜日ですし、これから参加する方々が増えるのかもしれません。














 会場をひとまわりしてイベントステージに戻ると、「おしりかじり虫」とは趣の異なる大人の催し物に、ステージの出し物が変わっていました。

 ふたりの男性が、ギターを片手に60年代のヒットソングを熱唱しています。

 ラストは「カントリーロード」。

 ジブリの映画で脚光をあびた(?)曲で、ステージ前も盛り上がっていました。

 「カントリーロード」が頭の中で余韻を残す中、会場の出口を抜けると、目の前に「アン・シャーリー」が出現!!

 どうやらイベント用にコスプレしているようで、黒いドレスにソバカス、三つ編みのイメージ通りの「アン」に扮した外国の女性でした。

おそらくカナダの観光ブースのスタッフでしょうね。

。。。写真を撮ればよかった。。。orz











人気ブログランキングへ一票お願いします。


機械仕掛けな拾稔堂旅をするなら




posted by 拾稔堂店長 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

インテックス大阪にて開催 「MONSTER VIVA!!」

関西では、大阪・南港にある商業施設、「インテックス大阪」において、「MONSTER VIVA!!」というフリーマーケットや旅行の最新情報、特産品などが楽しめるイベントが開催されました。

期間は5月3日から6日までの4日間で、わたしは5日の土曜日に出かけました。

最寄の駅から大阪のJR西九条駅に出て、JR弁天町駅から地下鉄中央線に乗り換え、コスモスクエア駅に移動。。。更に大阪・南港のニュートラムに乗り換えて中ふ頭駅で降りました。

駅から5分ほどで、今回のイベントの会場である「インテックス大阪」に到着しました。

今回の「MONSTER VIVA!!」は、3つの建物にイベント会場が分かれていて。。。








ホール3:「フリーマーケット」
ホール4:「旅行」や「世界の特産品」、「フィギュア」など
ホール5:「グルメ」や「アトラクション」、「人気キャラクターのアトラクション」など

が開催されています。

受付で入場料を支払い、パスポート代わりの「リストバンド」をつけてもらい、いよいよ入場です。(^^;

【ホール3】

◎VIVA FU・RI・MA!  フリマ王国2007
 「財布が嬉しい・掘り出し物にニヤリ・買い物が楽しい」

「王様地区」「女王・TOY地区」「国民・職人地区」の大きく3つに分かれた会場には、所狭しとさまざまな品物が並んでいます。

7〜8,000円のものでも1,000円均一だったり、価格はかなり抑えられているようです。

「王様地区」では、アロハシャツなどの南国風の衣類を中心に、販売しているようです。

「女王・TOY地区」では、女性向けのアクセサリーやハイヒールなどが多く、中にはランジェリーなども含まれていて、目のやり場に困りました。(^^;

女性向けの衣類や靴類のショップでは、ひとだかりも多く、つぎつぎに商品が売れていきました。

「おもちゃ」としては、昔懐かしい「ゴジラ」や「ウルトラマン」、「仮面ライダー」などのフィギュアや「スターウォーズ」などのキャラクター物も豊富にあり、特に人だかりが多いようです。

また、中には「レゴ」で造った、からくりたっぷりのお城もあって、和服姿のあやしい(?)主人が店番をしていました。(^^;

「国民・職人地区」では、鉄道の忘れ物やギター、HIP−HOP系のシャツ類などが豊富で、人気を集めていました。





















【ホール4】

◎VIVA TRAVEL! ツアーエキスポ2007
 「最新観光情報、特産品・伝統工芸品・お土産・世界各地の民族舞踊・音楽などが楽しい」

わたしが入り口を抜けると、目の前が「台湾」のブースで、民族衣装で着飾った3〜4人づつの男女が、「台湾」の民族舞踊を披露していました。(^^;

ひとしきり「台湾」の舞踊を楽しんでいると、隣のブースから太鼓の音が聞こえます。

「ペルー」のブースなんですが、なぜか「ケニア」のおにいさんが、流暢な日本語で客寄せをしながら太鼓の演奏をしています。

「ペルー」のペアの前座(?)を買って出たようで、しばらくすると「ペルー」の民族衣装で着飾った二人組みが登場。。。

「ペルー」の民族楽器「ケーナ」と「ギター」の演奏がはじまりました。(^^;

曲は、つかみとしては定番の「コンドルがとんでゆく」です。

その昔、JR大阪駅の周辺で「ケーナ」の生演奏を聞いたことがあるのですが、薄暗がりの路上で、ひとりで演奏していたので、ちょっと物悲しい気分になったことがありました。

今回はテンポのよい「ギター」の伴奏がついているので、楽しく拝聴できました。v(^^)

しばらくすると、前座(?)のケニアの太鼓のおにいさんも加わり、「ペルー」と「ケニア」のセッションがはじまりました。

演奏が進んでいくうち、南米系の「イケ面」がステージに加わり、リズムに乗って踊りだしました。

狭いステージでしたが、「ペルー」の地元のお祭りかなにかに参加しているようで、今回のイベントの中で一番盛り上がりました。(^^;

ほかにも「ハワイ」や「タイ」などのブースもあり、特に「中国」と「韓国」のブースは大きく、係りの人数も多かったのですが、わたしが見た時は休憩中だったのか、閑散としていました。

◎VIVA MANIA! TOY&HOBBY SHOW
 「フィギュア・プラモデル、ソフトビニール玩具、模型、おもちゃ全般などが楽しい」

「恐竜」や「怪獣」、「鉄人28号」などのフィギュアが多く展示されていましたが、「旅行」のブースのあちこちでイベントがあって、ちょっと閑散としていました。

それでも、「恐竜」などは精巧なつくりで、見応えは十分ありました。(^^;

































【ホール5】

◎VIVA GOURMET! 日本全国美味いもんフェア2007
 「世界と日本各地のグルメが楽しい」

北海道から沖縄まで、さまざまな特産品が会場中にあふれています。(^^;

「たこやき」や「広島焼き」の美味しそうな香りから、「らっきょう」の独特の臭いまで、様々な特産品の香りが会場内に充満しています。

大半の特産品が1,000円前後で販売されていて、アメリカ仕込みのハンバーガーのブースでは、行列が出来ていました。





















。。。ほかにも紹介しきれない商品やイベントなどが豊富にありましたが、滞在時間が短く、すべてを見て回ることができませんでした。。。orz

とても1日では、見て回れない豊富さでした。(^^;

このような「見本市」的なイベントは、東京などでは頻繁に行われているようですが、大阪のイベントを見に来たのは、ひさしぶりのような気がします。

機会があれば、これからもこのようなイベントを見てみたいと思います。
(^^;


人気blogランキングへ一票お願いします。


















北海道・東北エリアページ

関東エリアページ

中部エリアページ

近畿エリアページ

中国・四国エリアページ

九州・沖縄エリアページ









posted by 拾稔堂店長 at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

「青春18きっぷ」の旅 '07.03 −さらば!東京。。。また会う日まで−

その1 「東京までの遠い道のり」編
その2 「東京漫遊」編

慌しい長旅も今日でおしまいです。(^^;
あとは千葉県の「松戸」に寄って、帰路につきます。。。

2007年3月31日(2日目)


【御茶ノ水イン】04:30起床
チェックインのとき、出発が早いので朝食は断り、ホテルの近所のコンビニで買ったパンと紅茶で手早く朝食を済ませます。
2日目は、千葉県の「松戸」に寄って、そのまま帰る予定です。
「松戸」には、わたしの弟が暮らしていて、東京見物のついでにあいさつをして帰ろうと思っていましたが、あいにく本人は不在のようで、暮らしている街を見て帰ることになりそうです。
忘れ物がないことを確認して、部屋をあとにしてチェックアウト。。。
外はまだ、薄暗く、少し寒いようです。(^^;
ホテルを出る前に、少し厚着をしましたので、これで一日寒さをしのぐ予定です。
ホテルの前には、大きな桜の木があって、花は満開。。。東京は、ホントに「春本番」ですね。

「御茶ノ水」を後にする前に、「ニコライ堂」に立ち寄ります。
早朝なので、中には入れないと思いますが、建物だけでも見ていこうと思います。
5年前に訪れたときは、閉門前でしたが教会の中に入ることができました。






【御茶ノ水】05:44
「御茶ノ水」から今日の旅がはじまります。
中央線で一端「東京」に出て、山手線に乗り換え、「日暮里」へ移動。
「日暮里」から常磐線で「松戸」へ向かいます。
。。。「神田」でもよかったなぁと、あとで気づきました。(^^;

【東京】05:56
「東京」で山手線の「日暮里」行きに乗り換えです。


【日暮里】06:08
「日暮里」で常磐線の快速に乗り「松戸」へ向かいます。


【松戸】06:35
待ち時間を除くと15分ほどで「松戸」に着きました。
駅のまわりをさらっと見て、このまま弟の自宅に向かいます。
もう少し早く訪れていれば、「ガンダムミュージアム」が見られたのですが、残念です。(^^;

【松戸】07:31
弟は留守でしたが、自宅の写真を手土産に帰ります。
「松戸」から「上野」まで直通の電車があるので、そのまま「上野」へ向かいます。時間的に余裕があるので、「上野」で途中下車して「西郷さん」の銅像を見て帰ります。


【上野】07:53
上野発の夜行列車降りたときから〜♪と、昔は、全国に伸びる路線の始発および終着駅でしたが、いまは新幹線も東京発になり、地方から東京に来るひとには、印象が薄らいだ感があります。
それでも、美術館や博物館は全国有数ですし、上野動物園もあります。
何より、明治以来、歴史的な事件が多い土地柄で、記念碑も多い場所でもあります。
いまは桜が満開で、ちょうど見ごろを迎えています。(^^;
「上野」だけでも一日過ごせそうですが、帰路も10時間以上かかる予定ですので、「西郷さん」だけ拝見して帰るつもりです。


【上野動物園前】08:00
おかしい。。。「西郷さん」が居ません。。。orz
地図を確認して、歩いているうちに「上野動物園」の前に出てしまいました。(^^;
どこかで道を間違えたようです。
一端、上野駅にもどります。


【西郷さん銅像】08:14
道を間違えたようです。(^^;
曲がるべきところをそのまま桜並木に突入し、逆方向へ歩いたようです。
お陰で、上野の桜を堪能できました。。。orz
「西郷像」を見るのも5年ぶりですが、鹿児島に帰省した折、鹿児島空港前の「西郷像」も見ていますので、あとは鹿児島の桜島にある「西郷像」を見ると、三つそろいます。
桜島は、一度訪れただけで、なかなか出かける機会がないのですが、いつか桜島の「西郷像」も見に行きたいと思っています。
上野の「西郷像」の前で写真を撮っていると、仲のいいカップルに写真をたのまれ、シャッターを押しました。(^^;
写真には納得され、お礼をいって立ち去っていきましたが。。。あのカップルにとって、いい思い出になればいいですね。

【上野】08:21
今回の東京見物は、これでおしまいです。(^^;
これから帰路につくわけですが、「東京」から「熱海」、「静岡」を超え順に「大阪」を目指します。

【東京】08:30
「東京」で東海道本線に乗り換え「熱海」へ向かいます。
しばらくは、もと来た道をたどる予定です。

【熱海】10:40
「熱海」まで各駅停車で2時間近くかかりました。
予定では「大阪」に19:00ごろ到着しそうです。。。orz
体力的に辛いので、「静岡」で新幹線に乗り旅程を圧縮します。


【静岡】12:16
行きと同様、帰りも「静岡」で昼食です。
帰りは新幹線に乗りますので、一端下車して切符を買います。
昼食は、新幹線のホームで駅弁を食する予定です。

【静岡】13:14
新幹線の到着まで小1時間あるので、昼食は「たいめし」を選び、新幹線のホームで食しました。(^^;


【新大阪】14:59
2日に渡る長旅も、あと少しで終点です。
「静岡」から「新大阪」まで1時間45分ほど。
同じ時間で、各駅停車なら「東京」から「熱海」まで到達します。
「静岡」から新幹線に乗り換えることで、約4時間の旅程を短縮できました。(^^;
青春18きっぷ」は結局2日分を使用して、3日分が残りました。

【大阪】15:05
「大阪」が、今回の長旅の終点です。
このあと「青春18きっぷ」をチケット店で買い取ってもらい(買取価格は4,
200円でした)、2日間の長旅も終了です。
この2日間は、長いようであっという間の出来事だったように思います。
わたしにとっては、得ることの多い旅でした。
今年中に、また「東京」へ出かけたいと思います。
次は、もう少し目的地を絞って、じっくり散策したいと思います。


。。。ここまで、駄文にお付き合いいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


人気blogランキングへ一票お願いします。




posted by 拾稔堂店長 at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「青春18きっぷ」の旅 '07.03 −東京漫遊ー

その1 「東京までの遠い道のり」編

東京に到着したものの、ここから七転八倒、右往左往の旅がはじまります。。。

【新橋】16;19着
。。。???。。。「浜松町」は???
東京タワー」が一時見えましたが。。。だんだん「東京タワー」が遠くなります。。。orz

【東京】16:23着!!
。。。「えっ!」。。。「浜松町」がありません。。。???
乗り過ごしたかなぁ。。。悩んでる場合ではありません。
とりあえず「新橋」に戻ります。


【新橋】16:33着
とりあえず「新橋」に戻りました。。。orz
地図では、「新橋」からでも「東京タワー」へ行くことは出来るようです。
あとでわかったことですが、東海道本線は「浜松町」に停車しません。。。orz
「品川」で山手線の外回りの電車に乗るなどの乗り換えが必要だったようです。
(^^;
何にせよ、東京上陸に成功!
さくら夙川」を発って11時間余り。。。予定より1時間30分ほど遅れて到着しました。v(^^)

「新橋」から「東京タワー」に向かうわけですが、その前に今宵の宿を予約します。
今回は10時間を越える長旅だったので、途中で体調を崩すかもしれないと思い、あえて事前にホテルの予約をとっていません。
これから立ち寄る場所の最寄駅は、「中野」と「水道橋」ですので、「御茶ノ水」のホテルに予約を入れます。
「御茶ノ水」は、5年前に東京へ来たとき泊まったホテルがあって、できればもう一度「ニコライ堂」が見たいと思って選びました。
「新橋」の改札を抜けると、すぐ目の前に広場があって、ちょうど古本市が開催されています。
「神田」の古本街は全国的に有名ですが、どうやら出張販売のようです。
古い学術本から雑誌まで、ワゴンや本棚などにぎっしり詰まった古本が広場のあちこちで販売されています。
ゆっくり見てまわりたいのですが。。。まもなく日の入り。
今回の長旅の一番の目的である「東京タワー」見物に向かいます。
「新橋」の駅前は、高いビルに囲まれ、「東京タワー」が見えません。。。orz
「新橋」の西側にある「ニュー新宿ビル」の北側を西に抜け、しばらく歩くと大きな交差点に出ました。
しばらく道なりに下って、「西新橋2丁目」の交差点で「東京」の地図を確認。
東京タワー」の東側にある「芝公園」まで、直線距離でざっと500mほど。
結局、一駅分歩くことになりそうですが、目的地は、もうすぐ目の前です。

【御成門交差点】16:50着
「浜松町」の駅を背にして、交差点の向こうに「東京タワー」が見えます。
(^^;
遠くから眺めていた「東京タワー」が、目の前に見えます!
「東京」で暮らす方々には、笑われるかもしれませんが、早朝から11時間以上の時間をかけてたどり着いた感動は、ひとしおです。
交差点を渡り、「芝公園」の中を「東京タワー」に向かって、ずんずん歩いてきます。
まわりはだいぶ日が落ちて、薄暗くなってきました。
急がないと、夕日が落ちる前に「東京タワー」の大展望台に登れません。
「芝公園」は「増上寺」を挟んで南北に点在していますが、わたしは北側の「芝公園」を抜けて歩道橋を渡り、ちょうど「東京タワー」の裏庭のような場所に出ました。
更に道なりに進むと、目の前に「東京タワー」が出現!
ついに到着です。(^^;


東京タワー】17:00着
333mの「東京タワー」。。。ついに来ました♪
テレビや写真でしか見たことがない「東京タワー」が、目の前にそびえたっています。
リリー・フランキー原作の小説などで注目を集める「東京タワー」ですが、昔から東京の観光コースで、はずせない名所ですね。
小説は、スペシャルドラマ、連続ドラマが放送され、4月には、いま大活躍を続ける俳優「オダギリ・ジョー」と「樹木希林」の共演が話題の映画も公開されます。
更に舞台化される話もあるようで、これほど「東京タワー」が注目されたことは、近年なかったかもしれません。(^^;

東京タワー」の足元には、映画「南極物語」で有名になったハスキー犬の像があり、観光客を静かに出迎えてくれます。
夕暮れ時に間に合ったのですが、この時間帯は「東京タワー」の観光客が最も多い時間帯のようで、チケット売り場の前には、100名弱のひとがひしめいています。
みなさん、「東京タワー」から見る東京の夕暮れや夜景が目当てなのでしょう。
。。。みどころをよくわかっていらっしゃる。(^^;
東京タワー」には、大展望台の上に特別大展望台があるのですが、特別大展望台へ行くには大展望台に上がって、更にチケットを購入する必要があるようです。
。。。なんとも商売上手ですね。
ほかにも「蝋人形館」や「トリックアートギャラリー」、「ギネス ワールド レコードミュージアムTOKYO」などもあって、「東京タワー」で一日過ごすことができそうです。
今回は時間の都合で、全てを見ることができません。。。次回のお楽しみといったところでしょうか。(^^;
チケットを購入して、いよいよ「東京タワー」の中へ。。。玄関前に三台のエレベーターがあって、ざっと300名前後の観光客が並んでいます。
若いカップルも多いのですが、海外からの観光客や家族連れも多く、幅広い世代に人気があるようです。
エレベーターの前には柵があって、30名ほどが一塊になってエレベーターに乗り、一気に大展望台へ向かいます。
高層ビルのエレベーターと異なり、窓から外の景色が見えるのですが、思ったよりゆれがひどく、高所恐怖症の方には辛い乗り物かもしれません。
わたしも、正直、脚がすくみました。。。orz
東京タワー」は、建設時、命綱を使わずに、この鉄骨を組み立てたと聞いています。
当時の工事関係者の方々の苦労がしのばれます。
エレベーターは、1分ほどで大展望台に到着。。。
目の前に東京の大パノラマが広がります。(表現が古いか。。。orz)
いま、東京は駅周辺の再開発が進み、超高層ビルの建設ラッシュと聞いています。
東西南北どこを見ても、高いビルがそびえたち、「日本の首都」としての威厳を感じます。
大展望台を東京の景色を楽しみながら歩いていると、テレビクルーに出会いました。

どうやら「東京タワー」から臨む「富士山」を撮影しているようです。
今日の晩のニュース番組で、放送されるかもしれません。
富士山」は、少しかすんでいるものの、夕焼け空にはっきりと浮かんでいます。
東京からも「富士山」が見えるのですね。(^^;
東京タワー」の大展望台から眺める夕暮れの東京を堪能し、18:00過ぎに下り用のエレベーターに乗り3Fへ移動。。。
エレベーターのドアが開くと、正面がお土産店です。
東京名物の商品が並ぶ中、「東京タワー」グッズも豊富にありました。
昔ながらの「東京タワー」の置物やお菓子、イメージキャラクターの「ノッポンブラザース」のグッズなど、いろいろですね。
(^^;
「ノッポンブラザース」は、チケット売り場で愛想を振りまいていましたし、「東京タワー」のパンフレットには、プロフィールも掲載されているようです。
ゆっくりしたいのですが、時間の都合で、つぎの目的地「中野」へ向かいます。
帰りに「東京タワー」の足元から見上げるアングルで、写真を一枚とりました。
すでにライトアップされていて、夜空によく映えます。
「増上寺」の満開の桜を脇に見ながら、歩道をすり抜け、「浜松町」で山手線に乗ります。


【浜松町】18:16
「増上寺」を背にしてますっぐ東に向かうと、「大門」を抜け「浜松町」に到着しました。
山手線の内回りに乗り、一路「新宿」へ。。。
「新宿」から中央線に乗り換えて「中野」へ向かいます。


【中野】19:01
「新宿」のホームが意外と複雑で、乗り継ぎに手間取ったものの、無事「中野」に着きました。。。orz
「中野」には、知人の出展している「マトリョーシカ」展を開催しているカフェがあります。
ネットで調べた地図を頼りにカフェを探すのですが、なかなか見つかりません。。。orz
カフェの営業時間は20:00まで。。。気ばかりが焦ってしまいます。
カフェとは別の方向に歩いていることに気づき、駅まで戻って、やっとの思いでたどり着いた先は、白いマンションでした。
マンションのドアの横のチャイムを鳴らすと、店のオーナー(?)が応対してくれて、どうやら裏口だったらしく(笑)、玄関にまわるように指示されました。。。orz


【una camera livera】19:20ごろ
二つ目の目的地に到着。。。
アートギャラリーとカフェのお店で、マンションの一室を店舗として改装しているようです。
裏庭を出入りするための窓が入り口のようです。。。
店に入り、入り口を背にして左側のテーブルに座りました。
夕食はまだですが、急いで来たので食欲もなく、とりあえずアイスティを注文しました。
しばらく時間がかかったものの、正式なお茶の入れ方の手順を踏んでのことでしょう。
シンプルなデザインのグラスと、細身の小さなデカンタがテーブルに供されました。
汗をかいていたので今回は断念しましたが、ホットティーを注文していたら、ポットに手製のカバーをかぶせて、凝ったデザインのティーカップが供されたかもしれません。
店内は、ゆったりとした時間が流れ、いい雰囲気です。(^^;
このお店は、日替わりで個性的なカフェが登場するようで、今回は「ロシアジャズ」の流れるカフェのようです。(違っていたら、ゴメンナサイ。。。)
店内には3つの部屋があり、それぞれテーブルとイスが配されています。
テーブルの上の壁に細い棚があって、今回のお目当ての「マトリョーシカ」が展示されています。
10〜20cmの「マトリョーシカ」が、約100体ほど展示してあって、5体一組のようです。
マトリョーシカ」は、ロシアの民芸品で、人形の中に人形が入っているかわいい人形です。
世界的にも有名な民芸品で、特に最近は、日本の若い女性の間で人気が高まっているようです。
展示品は、個性的なデザインが多く、ロシア風のデザインから東北の雪国の子供風のものや、マンガのワンシーンをそのままデザイン化したものまで、作者のセンスが光っています。
たまたま、「マトリョーシカ」展を主催された方とお話することができました。
マトリョーシカ」そのものは、未着色のものが販売されていて、ロシアや中国からの輸入品が多いそうです。
未着色の「マトリョーシカ」に、それぞれ自由に色を塗っているようです。
もう少し、ゆっくりお話を伺いたかったのですが、カフェの閉店時間も迫っていたので、後ろ髪をひかれつつ。。。つぎの目的地「水道橋」に移動します。
。。。しかし、腹減ったなぁ。。。orz


【水道橋】20:39
ここで、地下鉄に乗り換えて「春日」に向かいます。

【春日】20:51
ここでは、知人から勧められたハンバーガーショップ「FIRE HOUSE」を目指します。
地下道を抜け、地上に出たものの、はじめて訪れる場所の上、外は真っ暗。。。
看板はいくつかあるものの、お目当てのハンバーガーショップはみあたりません。。。orz
迷った挙句、地下鉄の入り口にある交番に立ち寄り、立ち番をしているお巡りさんに道を尋ねました。
道順を説明した後、お巡りさんは。。。

「あの店は味はうまいけど、閉まるのが早くて、7時半で閉まりますよ。」

。。。とのこと。
物理的に間に合いません。。。orz
しかし、東京のお巡りさんは、とても親切であります。<(-_-)
評判はいいらしい。。。という感想だけを残して、今宵の宿泊予定地「御茶ノ水」へ移動します。



【御茶ノ水】21:21
さくら夙川」を出発して16時間余り。。。ようやく本日の日程を消化しました。。。orz
夕食は、「御茶ノ水」の駅前のラーメン屋さんで済ませて、疲れた体を引きずってホテルへ向かいます。
「湯島聖堂」を右にみながら交差点を渡ると、目の前が本日のお宿「御茶ノ水イン」です。(^^;
いわゆるビジネスホテルで、ここで一泊して明日に備えます。。。



。。。以降、「さらば!東京。。。また会う日まで 編」(仮)に続きます。(^^;


人気blogランキングへ一票お願いします。


その3 「さらば!東京。。。また会う日まで」編




posted by 拾稔堂店長 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「青春18きっぷ」の旅 '07.03 −東京までの遠い道のりー

アフィリエイトの仕事をはじめてから、いつか実現したいと思っていた企画があります。
それは、ノートパソコンを片手に旅をしながら、訪れた土地の話題を日記に記して行くことです。
残念ながら、持ち運べる手ごろなノートパソコンは、まだ、入手しておりませんが(泣)、これから実現したいと思っています。
いままでも、友人の力を借りて、何度か旅行にも出かけて、紀行文のような日記をいくつか書いてきました。
今回は、ひとりで気ままに旅をする「わたしの夢」が、ささやかながら、やっとひとつ叶いました。(^^;
青春18きっぷ」を活用した、七転八倒、右往左往、方向音痴に、過密なスケジュール。。。と、少々欲張りすぎた感も否めない旅ですが(笑)、ここにご報告いたします。m(_ _)m

2007年3月30日(1日目)


さくら夙川】05:23始発
もうね。。。死ぬかとオモタヨ。。。orz
前日の天気予報は、大阪周辺、東京、共に「雨」。。。それは、出発のタイミングと予算の都合などで仕方がないのですが。。。大雨!それも強風を伴う横殴りの雨です!
かさはさしても効果がなく、かさでカバーした頭と上半身以外は、ずぶぬれ!

無人の改札を抜け、階段を上ると、ホームは強風と雨で立っていられません。

ホームには休憩室はないので、仕方なく、改札のある階に戻り、しばらく雨と風をしのぐことにしました。
これは、「旅行を中止せよ」という神のお告げか?
しかし、走り出した列車は止まりません。(^^;
この日のために、前々から準備してきましたし、旅行に対する気持ちの高ぶり様は尋常ではなく(笑)、「無事に帰れないかもしれない」という一抹の不安を押し殺し、電車の到着を知らせるコブクロの「桜」のメロディーが流れる中、始発電車に飛び乗りました。
なんとも、前途多難な旅のはじまりです。。。orz

【大阪】05:47着
東京までの当面の目的地である「米原」を前に、「大阪」で快速か新快速電車に乗り換えようと思ったのですが、朝5時台では各駅停車の電車しかなく、そのまま「京都」へ向かいます。
電車に乗る前に濡れた足元に、ドアが開くたびに吹き込む冷たい風があたって、足元から寒さがにじり寄ってきます。
着替えはありませんし、濡れた服を体温で乾かすしか方法はありません。
10時間の長旅ですので、東京につく前に風邪でもひいたら、旅行は中止しなければなりません。
寒さに耐えつつ、電車の窓から空を見上げて、晴れてくれることを、ただ、祈るのみです。(^^;


【京都】06:26着
「京都」では、今回の旅行で1回目の乗り換えがあります。
実は、この段階で「時刻表」を持っていませんでした。(^^;
今回の目的地である東京と千葉の地図は購入したのですが、電車を乗り継ぐ旅は初心者で、本屋で見た「時刻表」はA4サイズなのでかさばると思い、必要に応じて、どこかで調達するつもりでした。
手元にあるのは、ネットで調べた乗り継ぎの一覧と、東京のホテルの連絡先の一覧のみ!
あとから考えると、かなり無謀(?)な準備状況ですが、「時刻表」そのものをまともに見たこともないので、必要にせまられなければ理解できないと思っていました。
移動手段に各駅停車の列車を選んだのは、単に旅行費用の問題で、「列車の旅」にあこがれはあるものの、それほど深い知識はありません。
事前に「時刻表」を調べるヒマもなかったこともあります。
結果的に、カネがなくても時間はたっぷりあったので、走りながら覚えることになります。(^^;
万事、こんな調子なので、人生も計画的にいきません。。。orz
さくら夙川」は駅員さんがいなかったので、「京都」の改札で、はじめて「青春18きっぷ」にスタンプを押してもらいました。(^^;

【山科】06:44着
ここから電車を乗り継いで琵琶湖に行き、遊覧船「ミシガン」に乗ったことがあります。
アメリカのミシシッピー川で運行されている昔の外輪船と同じデザインの遊覧船で、船上では、カントリーミュージックの生演奏があったりします。
客室で乗客の世話をするひとは、基本的にミシガンからの留学生で、日本語を学びながら働いているようです。
客室のテーブルには、各テーブルを担当する留学生ひとりひとりのプロフィールを紹介するカードが掲げられていました。
わたしが乗った就航10周年のころには、港でジャグラーが出迎えてくれました。(^^;

【草津】07:02着
東海道本線の「草津」までは、利用したことがあります。
昔の仕事の関係で、「草津」の近くにある「オムロン」という会社に出張のために何度か訪れていました。
神戸の地震のころ、自宅周辺のスーパーやコンビニは営業出来ない状態で、しばらくの間、当時の出張先の「草津」で買い物をしたり、銭湯で風呂に入っていました。
この「草津」以東は、列車では新幹線以外で訪れたことがありません。
わたしにとって、ここから先は「未知の世界」です。(^^;


【米原】07:46着
「京都」で乗り換えたこの電車は、「米原」が終点です。
「米原」は、電車の行き先として知っている程度で、駅に降り立ったのは、はじめてです。(^^;
次の「大垣」行きの電車まで20分ほど待ち時間があります。
ホームは風が強く、肌寒いです。
コートを着てきた方が、よかったかもしれません。
とりあえず、売店で「時刻表」を購入。。。
いまのところ路線図ぐらいしかわかりません。(^^;
「米原」から東は、駅名を聞いても場所がわからいので、これで自分の居場所がはっきりします。
出発の前日に、今回の目的地である「東京」と「千葉」の地図は入手したものの、「東京」や「千葉」の地図では、「米原」や「名古屋」はわかりません。。。orz
昔のマンガで、「埼玉」の地図があれば、日本全国どこへ行っても迷うことはない。。。というネタがありましたが、「R田中一郎」には、遠く及ばないようです。(^^;

【米原】08:05発
「大垣」行きのこの電車は、4両編成で各駅停車。。。
なかなか「快速」や「新快速」に乗れないことが、悩みのタネでしょうか。
(^^;
「米原」から「大垣」に向かい、「大垣」で「豊橋」行きの「快速」に乗り、更に「豊橋」で乗り換えて「浜松」へ向かって、「浜松」から各駅停車の電車で「静岡」に着いたところで昼食になりそうです。
。。。「時刻表」って、便利ですね。(^^;

【関ヶ原】08:25着
「大垣」までの路線で、「関ヶ原」まで来ました。
ここが、日本の一大決戦が行われた400年はど昔の古戦場とは、ちょっと想像できないですね。(^^;
駅前は、のどかな田園風景です。
広々とした盆地の先にはやまなみが続いていて、所々に桜がちらほら見受けられます。東京の桜は、すでに満開と聞いています。
今日は、少し肌寒いですが。春の空気は、確実に広がっているようです。
時間的に余裕がないので途中下車できません。。。この思い込みが、のちに「一生の不覚」を生むことになります。。。orz


【大垣】08;37着
「大垣」も盆地にある駅で、平野が広がる中、駅周辺の開発が進んでいるようです。
大型のショッピングセンターでも出来るのでしょうか。。。ホームから大きな鉄骨の骨組みが見えます。

【大垣】08;57発
時刻表を読むようになってから、風景を楽しむ余裕がなくなってきました。
(^^;
「大垣」で、本日はじめての「快速電車」に乗車。。。
車内アナウンスによれば、最近、「豊橋」行きの電車では、窓ガラスにキズをつける行為が多いとか。
一部を削っても、ガラス一枚を交換すると、結構な金額になるでしょうね。
地域によって「イタズラ」も、いろいろあるようで。。。

【穂積】09:02着
「岐阜新聞」という看板が目に入りました。
近畿圏を完全に抜けたようです。(^^;
あまり訪れたことのない「中部圏」に突入です。。。
風景を楽しむため、あえて読み物は持ってこなかったのですが、時刻表を見ていると、電車の発着時間ばかりに意識が集中して、風景を見ていない自分に気づきました。(^^;
。。。「鉄っちゃん」の初期症状かな?

【岐阜】09:08着
しばらく田園風景が続いていましたが、いきなり「都会ちっく」な街並みが出現。
駅周辺は、開発中のようですが、今回は途中下車することなく通過します。
車内の話し声を聞いても、あまり独特な方言は、感じられません。
話をするひとも、あまりいないようですが。。。
電車の長旅のわりに、乗り換えが多いせいか、思うほど座っている時間は長くありません。
乗り換えが、「適度な運動」になっているようです。(^^;
「岐阜」を過ぎたあたりから、日差しが強くなってきました。
しばらくは、カサも必要ないようです。
いまのところ多少、眠気があるものの、体調はいいようです。
さくら夙川」を出発してから、そろそろ4時間。。。
予定時間の半分にも達していませんが、ホームで電車を待つ人々の服装も春めいてきました。
そういえば、何度か「東京」へ出かけていますが、「名古屋」の駅に降りたことがありません。
時間が許せば、街の風景などを楽しみたいおですが、残念です。(^^;
いま、日本で一番活気があるといわれている「名古屋」は、気になる街のひとつです。
折をみて、「名古屋」にも出かけようと思います。

【名古屋】09:27着
カラフルな「名鉄電車」とすれ違うようになりました。
今回も「名古屋」には、途中下車できません。
明らかに、ホームで電車を待つひとの服装が、「大阪」と違います。
目的地の「東京」のひととも服装が違っていました。
特に女性の服装がカラフルです。
若い男性のネクタイもブルーのストライプが映えています。
男女ともに、好感の持てる色彩感覚が印象的です。(^^;
大阪は「おばちゃん」は別にして(笑)、「黒」や「茶」系統の服が多く、「東京」は、ひとくくりにできない多様性があります。
各駅停車でなければ、わからない「その土地の雰囲気」が堪能できて、おもしろいです。(^^;

【大府】09:43着
ここまで来ると、空は快晴モード♪
カサを持ち歩いていると、恥ずかしくなります。(^^;
ホームに立つひとの服装を見ると、大阪ほど「黒」が目立ちません。
制服を着ているひとは別にして、土地柄でしょうかねぇ。。。

【刈谷】09:46着
沿線にきれいなピンク色の桜が満開に咲き誇っています。
桜の木は一本だけですが、華やいで見えます。(^^;


【豊橋】10:21着
快速電車の旅も、ここで一端終了です。
また、各駅電車をしばらく乗り継ぐ予定です。
しばらく電車は、東から南へ下って行きましたが、これからまた東へ向かって、だんだん「東京」へ近づいていきます。
「豊橋」の周辺には、ビニールハウスが多く、かなり大規模に特産品を栽培しているようです。
今朝から続く強風のため、到着が3分ほど遅れたようです。
「浜松」行きの快速電車も同様に遅れているようです。
無理をせず、安全運転でよろしくお願いします。m(_ _)m

【豊橋】10:38発
10:31発の「浜松」行きの快速電車は、強風のため7分ほど遅れて走り出しました。
「浜松」まで各駅に停車するようです。
「浜松」から「静岡」に着いたところで、昼食を摂る予定です。
浜名湖は、進行方向の左側ですが、海も見てみたいので、右側に立ち位置を確保しました。
どうやら、わたしと同じように電車を乗り継いで旅をしている女性がいるようで、「米原」以降、何度か同じ電車で見かけるようになりました。
小さなスケッチブックになにやらメモをとりながら、電車を乗り継いでいるようです。
どこまで行くのでしょうね。。。「浜松」で見失いましたので、行き先は謎のままです。(^^;
「静岡」以降、改札を通るたびに「青春18きっぷ」を片手に旅をするひとを必ず見かけるようになります。
年齢、性別にかかわらず、ひとつの駅で「18きっぷ」を持った2〜3人とすれ違います。

【鷲津】10:51着
田園風景が広がる中、沿線の桜は二分咲きのようです。
みごろはこれからといった感じです。
空は快晴!
狭い日本といいながら、旅をしながら桜の開花時期も天候も異なる様子をみると、縦長の日本列島の自然の多様さを実感できます。(^^;
新幹線や飛行機では味わえない風景を楽しめます。

【弁天島】10:58着
浜名湖が進行方向左側に広がります。
湖の向こうには、遠くやまなみがかすんで見えます。
駅の南側に海が見えます。
途中下車したら、潮風が心地いいかもしれません。


【浜松】11:10着
ここで、「静岡」行きに乗り換えです。
快晴の空を見ていると、カサが邪魔に思えてきました。
「静岡」に着いたら昼食です。
いまのところ、強風で一部電車が遅れたものの、ほぼ順調な「電車の旅」を堪能しています。(^^;

【浜松】11:13発
2分遅れで「浜松」を出発です。
乗り継ぎもギリギリでした。。。orz
各駅停車の興津行きで「静岡」に向かいます。
車内は、ほぼ満員。。。
いわゆる「地元の足」といった路線のようです。(^^;

【天竜川】11:17着
桜は三部咲き。。。週明けには、満開になるかもしれません。
このあたりになると、車内でも関東の言葉が飛び交います。(^^;
リクルートスーツの若い外国人の二人連れがいて、なにやら話しているようです。
時間帯からして、就職活動なのかもしれません。
駅前などでよく配っている「ポケットティッシュ」を取り出して、開け方をあれこれ話しているようです。

【磐田】11:23着
駅で、「トヨタ」の貨物だけを運ぶ列車とすれ違いました。
さすが「トヨタ」のお膝元!
青地に白い文字で「TOYOTA」のロゴ。
コンテナのサイズから、自動車などの部品を運んでいるのかもしれません。

【愛野】11:32着
静岡県内は、ずっと海沿いを走っているはずですが、山が南側にあって、ほとんど海が見えません。
盆地を走っているのと、ほどんど変わらない気がします。

【菊川】11:43着
そろそろ「さくら夙川」を出発してから6時間余り。。。
やっと行程の半分ほどといったところでしょうか。(^^;
各駅停車の電車に1時間以上ゆられることにも慣れてきました。
あいかわらず、車内は込み合っています。
「静岡」まで40分ほど。。。
「静岡」に着いたら、駅周辺をぐるりとまわってみるのもいいかもしれません。

【金谷】11:55着
このあたりになると、沿線に茶畑が目立ってきます。
中には、茶畑の真中に送電用の鉄柱が立っているところもあります。
「金谷」を過ぎてすぐ、大井川を通過しました。
江戸時代には、西から江戸に攻めてくる敵を防ぐため、あえて橋を作らなかった大きな川で

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」

と歌われる難所のひとつだったようです。

【六合】12:00着
駅周辺の桜は、ほぼ満開のようです。
同じ静岡県でも、地域差があるようです。
地図でみても、面積の大きな静岡ですし、海沿いは黒潮などの影響で気候に違いがあるのかもしれません。

【焼津】12:10着
焼津の港も見てみたいのですが、今回は通過します。
「海の幸」は、さぞ旨いことでしょう。。。次回期待といったところです。
(^^;

【用宗】12:16着
「焼津」を過ぎたあたりから、沿線の南側に太平洋を望むことが出来るようになりました。
青い海と青い空は、気持ちのいいものです。(^^;
そして、関東圏で聞き覚えのある地名も、このあたりから増えていきます。
「あべかわもち」とか。。。「あべかわもち」とか。。。「あべかわもち」とか。。。orz


【静岡】12:23着
「静岡」で乗り換えて「熱海」、そして「東京」へと旅はつづきますが、ここで昼食を摂ることにしました。
「静岡」の改札で、「青春18きっぷ」を持った旅行者と何人かすれ違いました。
今年の春の「青春18きっぷ」は、発売20周年を記念して、通常より安い8,000円で販売されています。
「東京」行きには、二日分あれば十分なのですが、今回は、はじめて「青春18きっぷ」を利用することもあり、あえて5日分を正規の値段で購入しました。
使わない18きっぷは、大阪に戻ったとき、チケット店で買い取ってもらうつもりです。
4月の10日まで使用できますし、4月に3日ほど休暇もあるのですが、さすがに2週続けての長旅は、体に堪えます。。。orz
「静岡」の駅に降り立ち、駅前のショッピングモールに立ち寄ります。
1階は飲食店がひしめいていて、関西では余り見かけない関東系の店舗が多いです。


何より「ラーメン」の店が多い!
「旭川」・「東京」・「尾道」・「博多」など、全国のラーメン店が一同に会した感があります。
今回は、多少の縁もある「尾道ラーメン」を食します。
ラーメンのランチセットを注文しました。
醤油ラーメンにライスとギョーザが4つついて861円。
醤油ラーメンそのものが600円ほどと安いです。
スープに少し魚の生臭さがあって、ちょっと気になりましたが、美味しかったですよ。(^^;
「尾道ラーメン」の隣が「旭川ラーメン」で、厨房は壁で仕切られていますが、カウンター席は、ひとつにつながっています。
もともとひとつの店舗だったものが、ふたつに別れたのか。。。ラーメンを食べ歩くひとのための配慮(?)か。。。謎が残りました。(^^;

【静岡】12:50発
「静岡」には、30分ほど滞在しましたが、みやげ物を探すヒマもなく、昼食だけ摂って、「三島」行きの電車に乗り換えます。
「三島」で、更に乗り換えて「熱海」に向かい、更に乗り換えて「横浜」。。。そして、いよいよ「東京」へ突入します!
「東京」には、夕方の4時から5時の間に到着する予定です。(^^;

【富士川】13:27着
「富士川」に近づくにつれ、進行方向の右から左側にかけて、「富士山」が見えてまいりました!
新幹線でも「富士山」を見た記憶はあるのですが、これほど大きな「富士山」を見るのは、生まれて初めてです。v(^^)
雨上がりで、もやもなく、快晴の空に青い富士山がそびえています。
頂上付近に少し雲があるものの、それがまた、いい味をだしています。
「富士川」は、ホームに沿って桜が植えられ、いま正に満開!
満開の桜を手前に、青い空に映える「富士山」。。。一生に一度しかないかもしれない絶好のチャンス!
。。。が、「東京」到着の時間を気にする余り。。。「富士川」で降りませんでした。。。orz
帰りに「富士川」に寄りましたが、ときすでに遅く、あの見事な「富士山」を見ることはできませんでした。。。これこそ「一生の不覚」!!
同じ富士山は、もう見ることがないかもしれません。。。目に焼きついた記憶だけが、今回の長旅の一番の手土産になりました。(^^;

【沼津】13:51着
ここも有名な漁港でしたね。
若者のファッションに黒が目立ちだしましたが、サーファー系のTシャツも見受けられます。
「名古屋」とは違う、「東京」に近いファッションセンスなのでしょうか。。。


【三島】13:55着
あと2駅で「熱海」ですが、ここで更に乗り換えです。
ぽかぽか陽気で、昼寝ができそうです。(^^;


【熱海】14:21着
「熱海」を前に車内アナウンスに関西では聞きなれないフレーズが増えました。

「ドアから手を放して、お待ちください」

電車がホームに到着し、ドアが開いたときに誰か倒れこんでケガでもしたのでしょうか。。。
「静岡」あたりから、よく耳にするアナウンスです。
「大阪」はもちろん、「東京」でもあまり聞かなかったように思います。

【熱海】14:36発
「熱海」といえば、温泉、海水浴に特急「踊り子」号でしょうか。。。(^^;
今回は、途中下車することなく乗り換えます。
「小田原」・「横浜」を超え、「品川」そして「東京」へ。。。まもなく今回の長旅の終点です。

【品川】16:14着
「熱海」から各駅停車の電車で、やっと「品川」まで来ました。v(^^)
「熱海」から各駅停車か快速か、どちらに乗るか迷いましたが、快速に乗った方が18分ほど東京入りが遅れるようなので、地道に(笑)一駅一駅東京へ近づくことにしました。
今回の長旅の目的地のひとつ「東京タワー」には、「浜松町」が近いようなので、「東京駅」には行かない予定です。
いまから「東京タワー」に登ると、ちょうど大展望台で東京の夕焼けを堪能できそうです。(^^;


。。。以降、「七転八倒 東京編」(仮)につづきます。(^^;


人気blogランキングへ一票お願いします。


その2 「東京漫遊」編
その3 「さらば!東京。。。また会う日まで」編




posted by 拾稔堂店長 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

「時代の流れ」でネット一本化…エイビーロード休刊

【ZAKZAK】リクルートは23日、海外旅行情報誌「AB−ROAD(エイビーロード)」を9月発売の10月号で休刊し、並行して運営しているインターネット上の旅行サイトに一本化することを明らかにした。旅行情報はネットを利用する人が多くなり、雑誌は部数、広告とも減少が続いていた。

 同誌は1984年に創刊。90年代には月に35万部程度を出していたが、最近は11万部程度に落ちこんでいた。現在の価格は350円。ネットは無料で予約までできるために人気がある。広告主にとっても最新情報をすぐに更新できる利点があり、ネットへの一本化は「時代の流れ」(同社)としている。



 海外旅行情報誌「AB−ROAD(エイビーロード)」といえば、海外旅行の情報誌の代名詞として認知されていました。

 しかし、ネットの旅行サイトが好調な売り上げを記録している一方で、情報誌の売り上げは減少していたようです。

 情報の速報性は、情報誌よりインターネットの方に分がありますし、情報を提供する側、情報を活用する側、双方の要求を満たすようです。

 更に情報誌は有料で、インターネットは無料とくれば、どちらが利用しやすいかは明らかです。

 正に「時代の流れ」なのでしょうね。(^^;

人気blogランキングへ一票お願いします。



旅をするならに戻る






るるぶワールドトラベルガイド イタリア
るるぶワールドトラベルガイド イタリア海外旅行ガイド

トライエム 2005-07-21
売り上げランキング : 21039

おすすめ平均 star
starローマの空撮映像が良かった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

るるぶワールドトラベルガイド ドイツ
るるぶワールドトラベルガイド ドイツ海外旅行ガイド

トライエム 2005-07-21
売り上げランキング : 28470


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

るるぶワールドトラベルガイド スイス
るるぶワールドトラベルガイド スイス海外旅行ガイド

トライエム 2005-07-21
売り上げランキング : 32840


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






posted by 拾稔堂店長 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

団塊父さんの遊び場 バンダイナムコ、来春横浜に工房 ☆0029

【asahi.com】07年から大量定年を迎える「団塊の世代」の男性向けに遊び場所を提供しようと、玩具・ゲーム大手バンダイナムコホールディングスは来春、模型づくりや陶芸を楽しめる新しいタイプの娯楽施設「玄創工房」(仮称)を横浜市に出店する。高須武男社長は「家族の目が気になって、自宅では趣味に打ち込めないお父さんたちのための居場所をつくりたい」と話す。

 1号店が入るのは、来春開業するショッピングセンター「ららぽーと横浜」。店の床面積は約500平方メートルで、バンダイのプラモデルをはじめ、鉄道や自動車の模型を作ったり、陶芸や絵画を体験できたりする。グループで楽しめるスペースのほか、1人で静かに作業に打ち込める個室も用意。お茶やコーヒーのサービスも検討している。

 同社は05年9月、ゲームセンターを全国展開するナムコと、玩具メーカーのバンダイが統合した。少子化で子供向け市場が縮小するなか、両社の得意分野を組み合わせて、中高年向けの事業を強化する狙いがある。すでに福祉事業に進出しており、神奈川県内2カ所のショッピングセンターでデイサービスセンターを運営している。



 昨今は「2007年問題」といわれ、いわゆる「団塊の世代」が大量に退職することで、長年にわたり蓄積された職場のノウハウが失われることに、危機感をいだく企業も多いようです。

 そんな団塊の世代の男性向けに、家族に気兼ねなく(?)趣味の世界にひたってもらえる場を提供するサービスが横浜ではじまるようです。

 バンダイとナムコですから、模型ゲームは当然(?)含まれるでしょうが、陶芸なども楽しめる施設になるようです。(^^;

 団塊の世代は、若いころから趣味にお金をかける方も多いようですし、需要は大いに見込めそうです。

 熟年離婚の急増で、男性でも料理教室に通う方が増える中、退職後の居場所を求めて団塊の世代の男女を問わず、街に繰り出す機会が増えそうですね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



|書籍の拾稔堂に戻る機械仕掛けな拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

エア・ドゥが対抗策、「道民割引」は羽田行9500円 ☆0027

【asahi.com】北海道国際航空(エア・ドゥ・札幌市)は28日、4月28日からの羽田―新千歳線の運賃について、当日でも購入できる「道民割引」を現在より約1万円安い9500円にするなど大幅な値下げを発表した。前日、スカイマークエアラインズ(東京)が同路線の普通運賃を6月2日までの限定で片道1万円と発表したのに対抗した。

 値下げはスカイマークの限定期間と同じ6月2日まで。エア・ドゥは「スカイマークに対抗できる最大限の値下げ。黄金週間など多客期に下げるのは採算面で衝撃は大きい」と話す。日本航空札幌支店も「割引運賃の再値下げなど、対抗策を考えざるをえない」としている。

 エア・ドゥは1月末に、4月1日から「道民割引」を1万5500円、45日前までに予約する「エア・ドゥスペシャル」を1万円にすると発表したばかり。今回、「エア・ドゥスペシャル」は9000円にする。



 東京と北海道を飛行機で往復される方にとっては、朗報ですね。(^^;

 更にエア・ドゥは、「道民割引」でスカイマークエアラインズより最大1000円安くなるようです。

 期間限定の割引ではあるものの、北海道といえば冬のイベントに注目が集まりがちですが、日本国内の桜の開花の「トリ」を務める土地柄ですし、北海道から東京へは「ディズニーランド」などへお出かけになる機会が増えそうですね。

 特産品もカニ、いくら、鮭、最近ではジンギスカン料理が人気ですし、今年の国内旅行は盛り上がるかもしれませんね。(^^;

人気blogランキングへ一票お願いします。



らいふすたいるを楽しむ拾稔堂に戻る愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

台湾、日本人客100万人目に100万円 21日達成か ☆0018

【asahi.com】台湾当局は、今年年初からの台湾への日本人旅客が21日に100万人に達する見通しだと発表した。年間での100万人突破は初めてのため、「100万人目」となった人に対し、台湾内で100万円分の買い物ができるクレジットカードと、台湾茶、木彫りなど台湾特産品100点を贈る。

 昨年末のインド洋大津波の影響などで旅行先を台湾に変えた人も多かったため、今年1〜10月の日本人客数は前年同期の約30%増えた。当局は1日あたりの平均旅客数から100万人到達日を予測した。

 台湾では観光を今後の重要産業としており、特に日本客を重視している。プレゼントは21日午後、謝長廷行政院長(首相)が記者会見を開いて贈呈する予定だ。



 最近の海外旅行は、災害などで出かけにくい状態がつづいていますね。

 アメリカはハリケーンの被害やテロ対策、ヨーロッパはフランスなどで暴動騒ぎ、東南アジアは、津波や鳥インフルエンザなどで観光客も減少しているようです。

 そんな中、台湾に旅行先を変更する日本人の観光客が増えているようです。

 そういえば、今年は台湾にはじめて海外輸出された新幹線が開通する予定でしたが、陸橋の強度などに問題があって、丸々一年延期されたようです。

 それでも、エステや料理など楽しみは豊富にあるようなので、日本人観光客の来台100万人も納得できる数字のようです。

 逆に台湾から日本への観光客も多いようで、台湾では雪が降らないせいか、京都や冬の北海道あたりが人気だそうです。

 寒さが苦手な方は、あたたかい台湾に出かけてみてはいかがでしょう?

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。