気になる(?)記事
ひとつ取り戻す。
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観た。
再びデスクトップを購入す。
「DELL LATITUDE X300」の音が出ない。
広島へドライブ。−エピソード2− その1 映画「男たちの大和」ロケセット見学
広島へドライブ。−エピソード2− その2 広島・尾道散策
広島へドライブ。
富士山までドライブ。 〜陸上自衛隊 富士総合火力演習を観る〜
お気に入りリンク
コンビニ店員はアパートオーナーの夢をみるか?
nononono@blog
ヘア*ロス=女性の薄毛BLOG
ミントの日々♪♪♪
ピコピコの通販生活
食わネバーランド
どこにいても、「琉9人≒沖縄人」
かりゆしウェア COOL BIZ クールビズ
飛語宇理日記
ランニング練習日誌
Sports Center


2005年10月02日

ドリカム記念館オープン 吉田さんの地元、北海道に ☆0010

【下野新聞社】人気音楽グループ「ドリームズ・カム・トゥルー」の記念館「DCT・garden・IKEDA」が2日、北海道池田町の「ワイン城」内にオープンした。セレモニーにはドリカムのメンバーの吉田美和さんと中村正人さんも出席した。
 ボーカルの吉田さんは池田町出身。「ふるさとのために何かしたい」との意向を聞いた町が閉鎖していた物産館を改修した。町が運営する。
 館内にはコンサートで使った衣装や音楽関係で表彰されたトロフィーなどを展示。吉田さんが自宅で使用していたソファに座ってプロモーションビデオを見ることができるコーナーも設置した。Tシャツや靴下のドリカム関連商品も販売している。
 観光客ら約700人はメンバーの参加を事前に知らされていなかったために驚いた様子で、大きな歓声を上げていた。



 芸能人の記念館は全国にいろいろあるようですが、今回は、「ドリームズ・カム・トゥルー」の記念館のようです。(^^;

 北海道には、「石原裕次郎」はじめ「坂本九」や「北島三郎とGLAY」など異色な組み合わせの記念館もあるようです。

 北海道の特産品としては、じゃがいも、とうもろこし、バター、ラーメン、鮭、ビールなど、様々なものがあり、またひとつ名物が増えそうです。

 開館当日は「ドリームズ・カム・トゥルー」も来館し、観光客には「思わぬお土産」となったようです。

 北海道では短い(?)秋ですが、おいしい物といっしょに記念館を訪ねてみるのもいいですね。(^^;

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

1万円カレーを限定発売 福岡市のホテル ☆0010

【茨城新聞】福岡市の西鉄グランドホテルのレストランが10月1日から31日までの期間限定で税込み1万円のカレーライス「至高のカレー」を発売する。
 「普通のカレーでは面白くない」と考案したカレーは、近江牛のビーフカレー、オマールエビが1匹まるごと入ったシーフードカレー、放牧農場で育て週に数頭しか出荷されないという豚を使ったポークカツレツカレーの3種類。ライスも熊本県菊池市の無農薬米を使用するなど「1万円でも利益が出ないぐらい素材に力を入れた」という。
 1日10食限定で、2日前までの予約が必要。問い合わせ先は同ホテルレストラン「ラ・カスカドゥ」、電話092(781)0367。



 激辛カレーは、よく聞きますが、「至高のカレー」とは某グルメコミックに出てきそうなカレーですね。(^^;

 1日10食限定で、2日前までの予約が必要とかで、レストランの懲りようが伺われます。

 近江牛のビーフカレー、オマールエビが1匹まるごと入ったシーフードカレー、放牧農場で育て週に数頭しか出荷されないという豚を使ったポークカツレツカレーの3種類と、どれも材用を厳選したカレーに仕上がっているようです。

 1万円でも利益がでないそうで、採算度外視の贅沢カレーといったところでしょうか。。。

 カレー好きはもちろん、この一皿のために福岡へ出かけてみるのいいかもしれませんね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



らいふすたいるを楽しむ拾稔堂に戻る愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

寿司ネタの魚、見たことある?須磨海浜水族園が企画展

【asahi.com】鯵(あじ)の握り寿司(ずし)の奥で、本物のアジがすいすい。神戸市立須磨海浜水族園が17日から、寿司ネタの魚を集めた企画展を始めた。水曜休み、今月末まで。

 味覚の秋に親子で楽しみながら寿司ネタの元の姿を知ってもらうのが狙い。威勢よく「へい、らっしゃい! 『スマスイ寿司』」と銘打った。

 ヒラメ、アワビ、クルマエビなど計11種約80匹が、レプリカの握り寿司とともに並ぶ。入館者からは「泳いでいる姿を見たらかわいそうで食べられなくなる」の声も。



 神戸市立須磨海浜水族園は、以前から「一味違う」展示を極めて(?)きましたが、より「身近な魚」を紹介することで集客力を強化するねらいがあるようです。

 以前、この水族館に出かけたときは、大阪の海遊館の影響で、正面玄関前に大きな水槽が設置され、多くの種類の魚が同居する展示を採用したりしていたようです。

 また、魚の水槽の前にひとの後姿の看板を立てて、個性的な展示を目指していたようです。

たとえば。。。

・鯛の水槽の前に板前さんの後姿の看板を立てて「この魚はすしネタにしてはいけません」(今回は「すし」にしてしまいましたが。。。)

・水着の女性の後姿の看板に「ここでは泳げません」

・魚用の槍をこどもに持たせて「水槽の魚をとってはいけません」

などと看板にコメントをつけていたようです。

 水族館の奥には、イルカやシャチのショーを見せるプールがあって、秋葉原で見かけるような(笑)コスチュームで司会進行役のおねいさんが登場したり、いろいろ趣向をこらしていたようです。

 「泳いでいる姿を見たらかわいそうで食べられなくなる」という意見もあるようですが、肉や魚を切り身でしか見る機会のない子供たちには、いい経験(?)になるかもしれませんね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



こどもを育む拾稔堂に戻る愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

スペイン館の外壁ブロック、落札額310万円 医療援助に ☆0006

【Sankei Web】愛知万博のスペイン館の外壁に使われ、6角形のユニークな形状が目を引く陶器ブロック168個が10日、東京都内のオークションで310万円で落札された。スペイン館が「国境なき医師団日本」に贈呈、落札額は同医師団の活動資金となる。

 ブロックは補修用に保管していた。オレンジ、赤など色彩豊かで、直径約40センチ、重さ約6・5キロ。オークションは30万円から始まり、都内の会社役員の男性が落札した。「1つ5000円から1万円ぐらいでは」とみていたオークション主催者の予想を大きく上回り、医師団関係者も満足顔だったという。

 スペイン館は「少しでも役に立ちたいと思って贈呈したので、よかった」と話していた。



 今年3月から愛知県で開催されている「愛・地球博」ですが、それぞれのパビリオンの「その後」が、いろいろ取り沙汰されているようです。

 スタジオジブリの「サツキとメイの家」は、期間限定ではあるものの、そのまま保存されることが決まったようですが、スペイン館の外壁ブロックも「その後」が決まったようです。

 今回は、オークションで落札された陶器ブロックの落札金が「国境なき医師団日本」に贈呈されたそうです。

 スペイン館は、「ひとにやさしいパビリオン」になったようです。(^^;

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

一休の9月中間、旅行予約数拡大で経常益5億6100万円に

【NIKKEI NET】旅行サイト運営の一休は8日、2005年9月中間期の単独経常利益が従来予想を9700万円上回る5億6100万円になりそうだと発表した。前年同期は公表していないが6割程度増えたもよう。新株発行費(1700万円)など上場に伴う費用が膨らんだが、旅行予約数の拡大で手数料収入が増えた。

 売上高は約5割増の9億1200万円になる見通し。直近の登録会員数は90万人超と、1年間で30万人以上増えた。会員数の増加を受け宿泊施設からの提供部屋数も増加、予約も増える循環が続いているという。特に利用者が多い8月が好調で、前年同月比5割増の12万泊となった。

 2006年3月期通期の単独経常利益は前期比65%増の12億円になる見通し。規模の拡大に伴い人件費やシステム開発費が膨らむが、宿泊予約の好調で吸収する。売上高は53%増の18億9700万円を見込む。



 わたしの運営する「愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂」でもお世話になっている旅行サイト運営の一休ですが、2005年9月中間期の売り上げが好調なようです。

 記事がらみでホテルなどを検索するとヒット率もよく、いつも重宝しています。(^^;

 旅行先のホテルなどの予約も、インターネットで行うことが普通になりつつある証拠でもありそうですね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

ベニズワイガニ漁解禁、初競りに2850匹 富山・新湊

【asahi.com】秋の味覚ベニズワイガニの初競りが2日、富山県新湊市の新湊漁港であった。早朝に水揚げされた2850匹が床に並べられ、一面はつやのある薄紅色やオレンジ色に。100人以上が競りに参加し、威勢のよいかけ声が響いた。地元で漁業をしている女性(65)は「今年は水揚げは少ないが、質がよい。この時期はアツアツにゆでて食べるのが一番おいしい」と話していた。



 9月に入り、そろそろ秋の味覚の話もちらほら聞こえてきそうですが、早速、富山県新湊市では、今年も「ベニズワイガニ」漁が解禁されたようです。

 アツアツにゆでたベニズワイガニを、口いっぱいにほおばると、もう、「食欲の秋モード」全開ですね。(^^;

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る





posted by 拾稔堂店長 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

札幌ラーメン横丁、行列戻るか? 「深夜限定品」も登場

【asahi.com】観光名所としても知られる「札幌ラーメン横丁」。ここ数年、札幌市内に次々登場する人気店に押され、なじみの光景だった行列が途絶えがちだ。にぎわいを取り戻そうと、低価格の新メニューやホームページの開設など、横丁ぐるみの打開策が始まっている。

 ススキノにあるラーメン横丁は、狭い路地に17店が軒を連ねている。今の場所に移ったのは69年。90年代前半までは、路地にずらりと並ぶ客の行列が日常風景だったが、ここ数年はほとんど見られない。

 有名店の一つ、「ひぐま」の経営者藤村嘉一さんは「最盛期は13席の店で1日800杯出る日もあった。いまは半分程度」と話す。

 観光客の減少に加え、ラーメンブームで新規の人気店が増えた。値段に割高感があることや、観光地にありがちな「愛想が悪い」などの風評が絶えないことも、客足が遠のいた原因の一つとみられている。

 市内の男性公務員(45)は「丁寧に作っていないイメージがある。知り合いが札幌に来ても最近は勧めない」と話す。

 横丁会でも事態を重視し、今年に入って本格的な立て直し策を模索。目玉の一つとして、今月から午後11時以降限定で、「お夜食ラーメン」という500円メニューを全店で出すことにした。めんの量を少し減らし、酔客を呼び込む狙いだ。

 横丁のホームページもつくり、歴史や店の案内に力を入れ、若い世代の引き込みを狙う。藤村さんは「接客などの店員教育にも力を入れ、観光客のほか、地元の人にも近づきやすさをアピールしたい」と話している。



 昔、バブルの華やかなりしころは、大阪からラーメンを食べるためだけに北海道へ日帰りで出かけるなんて話もありました。

 いつのころからか、札幌の観光地にあるラーメン屋は「まずい」なんて話が広まって、わざわざ北海道でラーメンを食べようとは思わないなりましたね。。。

 あと、札幌の時計台が意外に小さくて、実際に行くとがっかりするとか。。。

 わたしのこどものころは、「どさんこラーメン」といって、北海道の味噌ラーメンを売りにするラーメン屋が街のあちこちにあったように記憶していますが、10年ほど前からみかけなくなりましたね。(^^;

 「無愛想」だ、「丁寧に作ってない」だでは、地元のひとでも遠方からの友人等に勧めなくなりなりますね。

 いろいろ「てこ入れ」をするようですが、昔の活気を取り戻せたらいいですね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 03:48| Comment(2) | TrackBack(1) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

丸の内音頭で盆踊り、都心・日比谷公園に1万人余

【YOMIURI ONLINE】東京の日比谷公園で19日夜、恒例となった大盆踊り大会が開かれた。あでやかな浴衣姿の人など約1万1000人が、「東京音頭」の本歌(もとうた)となった「丸の内音頭」などの曲に合わせ、にぎやかに踊りの輪を作った。

 「丸の内音頭」は1932年、地元の商店主らが発案。歌詞を西条八十に、曲は中山晋平に頼んで完成させた。ところが、翌年、替え歌の「東京音頭」がヒットしたため、丸の内音頭は長い間忘れ去られた。再び世に出たのは2年前。盆踊りとともに、地元の有志たちが復活させた。

 この日は午後6時すぎからスタート。会社帰りのサラリーマンやOLが次々と加わった。20日も行われ、歌手の小林幸子さんが新潟県中越地震のチャリティーイベントに駆けつける。



 そういえば、「東京音頭」のもと歌は「丸の内音頭」でしたね。(^^;

 微妙に歌詞が違うようですが、あえて「丸の内音頭」にしているのは、意味があるのでしょうか。。。

 丸の内で「丸の内音頭」ならわかりますが、日比谷公園「丸の内音頭」はなぜ?

。。。と、素朴な疑問が湧いてきます。

 ちょっと調べてみますと、どうやら今年は日比谷公園100年の記念すべき年のようで、「東京音頭」の元祖である「丸の内音頭」で盆踊りをすることで「原点回帰」を表現したいのかもしれませんね。

 何にしても、浴衣姿で踊る盆踊りもいいものです。今日も行われるようですので、東京近郊にお住まいの方は、出かけてみるのもいいかもしれませんね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



健康的な拾稔堂に戻る愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る





posted by 拾稔堂店長 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

ホテルメトロポリタン長野、最上階に結婚披露宴会場を新設

【NIKKEI NET】JR長野駅前でホテルを運営するホテルメトロポリタン長野(長野市)は最上階に結婚披露宴会場を新設する。アフリカをテーマにした特徴ある雰囲気にし、他のホテルの会場との違いを打ち出す。長野市内でホテル以外の結婚式場の開業が相次ぐなど競争が激化しており、重要な収益事業である婚礼部門の集客力を高める。

 ホテルの12階にあるラウンジ「アポロ」の約7割の面積を改装し、婚礼・宴会場の「ウラノス」としてリニューアルした。原色を基調にしたインテリアで「自然の癒やし」や「スローライフ」をテーマにした。テーブルや壁紙などを全面的に取り換え、約5000万円を投資した。

 アフリカから取り寄せた原住民の彫刻を飾るほか、民俗音楽を流したり、エスニック風の料理やアフリカのワインを提供することも可能。ホテルのスタッフが顧客の希望を聞き取り、独自の披露宴を演出する。



 最近は、ホテルもあの手この手で集客力を伸ばそうと必死なようですが、長野県のメトロポリタン長野も例外ではないようですね。(^^;

 ラウンジを改装して婚礼・宴会場にすることで、結婚式などの団体客を呼び込もうとしているようです。

 どんなに不況でも、結婚式はそれなりな規模で行われますし、一時期流行した「ジミ婚」でも、それなりの参列者がいたようです。

 最近の結婚事情は、どんなものでしょうね。。。

 電車のつり広告でも、結婚関連の雑誌の広告をよく目にしますし、少子高齢化とかいう割には、華やかな結婚式が多いようにも思います。

 そういえば、結婚式の引き出物も地域によって違うようで、都市部では荷物にならないようにこじんまりとまとまったものや、参列者の好みで選んでもらうようにカタログが送られてきたりと様々なようです。

 これが、地方、特に昔の風習が色濃く残っている地域では、かかえきれない引き出物やご当地のお酒がふるまわれ、なんともにぎやかな披露宴になることも多いようです。

 結婚式の考え方は、ひとそれぞれですが、今後もより個性的な結婚式が各地で行われるのかもしれませんね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る




posted by 拾稔堂店長 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

カヤぶき屋根は花盛り、研究者は心配 岩手・遠野

【asahi.com】岩手県遠野市にある南部曲がり家「千葉家」のカヤぶき屋根に草花や木などが生い茂った。ヤマユリなどは美しい花をつけ=写真=、観光客が見とれている。

 住人の千葉ひろ子さん(63)によると、花は一昨年ごろから咲き始めた。松やタラノキも生えており、今では2〜3メートルほどに育っている。

 市の文化財で、保存のため市は国の重要文化財指定をめざしている。観光客には好評だが、学術調査している高橋恒夫東北工業大教授は「屋根のカヤが腐葉土状態になってしまっている」と気が気でない。



 カヤぶき屋根に草花や木が生い茂って、特にヤマユリが見ごろになっております。。。って、屋根として使えませんよ。(^^;

 専門家のいうように、カヤが腐葉土状態になっているのであれば、あとは時間とともに屋根がずり落ちてくるような気がするのですが。。。

 「和風ガーデニング」でいいね。。。なんて喜んでいると、冬までに屋根がなくなってしまうかもしれませんね。

人気blogランキングへ一票お願いします。



愛と勇気といきおいで旅する拾稔堂に戻る





posted by 拾稔堂店長 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。